2016年04月04日

wanna,gonna,gottaの意味

こんばんは。

先日、洋画出てきたスラングについて調べてみましたが、今日は、英語の歌やドラマで良く見かける表現(wanna,gonna,gotta)について調べてみました。

日本の歌でも、英語の歌詞が良く使われおり、耳にしたことがあるという人は多いかと思います。

私は、特にwannaという表現を見かけることが多いですが、最初聞いたときは、ワナ??何?って思いました。

これらは正規の英語ではなく、口語のようで、耳にする機会は多いので、聞き取れるようにしておくと良いと思います。

各表現の意味は、以下の通りです。

wanna
want to(〜したいです)の短縮形。

gonna
going to(〜するつもりです)の短縮形。

gotta
have got to(〜しないといけない)の短縮形。





タグ:英語 短縮形
posted by Eng at 00:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

ain'tの意味

こんばんは。

先日、見てきた洋画の中で、It ain't ~という表現が出てきたのですが、初めて聞く表現だったので、家に帰ってから調べてみました。

映画を見ているときは、It isn'tとしても意味が通るので、ain'tはisn'tの同義語なのかなと思いました。

実際は、ain'tは、am(are, is,have,has,do,does,did) not の短縮形として使われるスラングのようです。
goo辞書を参照しました。)

かなり多くの場合の否定形として用いることができるようです。

スラングなので、使いどころは難しいかもしれませんが、知っていれば、聞いたり、読んだりする際にとまどうことがないので、知っていて損はないかと思います。

これまで英語をいろいろ勉強してきましたが、まだまだ知らない表現が多く、奥が深いと感じています。

もっとも、こういったスラングは(少なくとも私の時代には)学校では習わないので、なじみが薄いだけかもしれません。

逆に、普段、洋画を良く見るような人にとっては良く知っている表現なのかもしれません。


posted by Eng at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。